東京の食品界コラム

労災事故の申請(2017年2月号)

従業員が仕事中にケガをした場合、手続はどのようにすればいいのでしょうか。
▶詳細はこちらから

 

労災保険の費用徴収制度とは(2017年1月号)

労働時間について教えてください。
▶詳細はこちらから

 

行方不明の従業員への対応(2016年12月号)

最近、当社の従業員で一週間以上も無断欠勤が続き、全く連絡が取れない者がいます。どの様に対応すればよいでしょうか。
▶詳細はこちらから

 

雇用保険の適用拡大 ―平成29年1月より65歳以上も対象―(2016年11月号)

来年より雇用保険の加入要件が変わると聞いたのですが?
▶詳細はこちらから

 

平成28年10月1日から、短時間労働者に対する厚生年金・健康保険の適用拡大へ(2016年10月号)

10月1日から週20時間以上のパートでも厚生年金に加入しなければいけないと聞きましたが、加入条件などがあるのでしょうか。当社は、社員200名でパートが400名います。厚生年金の被保険者はパートを含め300名です。健康保険は東食国保です。
▶詳細はこちらから

 

業務委託の是非について(2016年9月号)

従業員が社会保険等への加入に難色を示しております。現在の雇用契約を業務委託契約にすることで、それらの加入義務はなくなるのでしょうか?
▶詳細はこちらから

 

労働時間とは(2016年8月号)

労働時間について教えてください。
▶詳細はこちらから

 

仕事中のケガは労災保険です!(2016年7月号)

従業員が仕事中にケガをしてしまい、健康保険証を利用して病院で受診しているのですが、そのままで良いのでしょうか?
▶詳細はこちらから

 

パート従業員の雇用保険の加入手続き(2016年6月号)

飲食店を経営しています。正社員とは別に、パート従業員を雇うことになりました。ところが、採用予定のパート従業員が雇用保険を希望しないのです。加入手続きは本当に必要でしょうか。
▶詳細はこちらから

 

算定基礎届の留意点(2016年5月号)

算定基礎届を提出する際に留意すべき点は何でしょうか。
▶詳細はこちらから

 

事業所における試用期間終了と解雇について(2016年4月号)

試用期間中の社員を試用期間終了時に解雇する場合の注意点について教えて下さい。
▶詳細はこちらから

 

労災保険の特別加入制度(2016年3月号)

事業主やその家族従業員でも、労災保険に加入できる制度があると聞いたのですが?
▶詳細はこちらから

 

食中毒事故で3日間の営業停止に、その間の給与の支払いはしなくていい?(2016年2月号)

飲食店を3店舗経営しておりますが、そのうちの1店舗で食中毒事故が発生し、保健所より3日間の営業停止処分が下されました。その間の、当該店舗に所属する従業員(社員及びアルバイト)に対する賃金は支給しなくてもいいのでしょうか。社員は月給で、アルバイトは時間給です。
▶詳細はこちらから

 

二以上の事業所から報酬を得ている際の手続きについて(2016年1月号)

私は二つの会社を経営しており、一つの会社では適用を済ませ、私自身加入し、保険料も納めているのですが、先日、年金事務所よりもう一社に対し社会保険加入を促す文書が届きました。こういった場合はどのようにしたらよいでしょうか?
▶詳細はこちらから